憧れの新築一戸建てを選ぶときのポイントと手順

憧れの新築!どんな一戸建てが良いのか考えよう

実際に一戸建てを買う際の注意点

建売住宅を買う際の手順

実際に物件が決まったら、購入申し込みをします。
この時に申込証拠金を支払うので、用意しておきましょう。
同時に、住宅ローンの仮審査を申し込んでください。

次に重要事項に関して説明を受け、署名を済ませます。
重要事項説明とは、物件と購入に関する契約内容の説明のことです。
説明に問題がなく、納得できたら署名をしましょう。
そして、売買契約を結びます。
この段階で手付金を支払いますが、物件の価格の5パーセントから10パーセントと、大きな金額になります。
売買契約を結んだら、住宅ローンの本申し込みをしましょう。
本申し込みでは、住民票や本人確認書類などが必要です。
最後に諸経費の残金を支払い、無事に一戸建て入手できる流れとなっています。

支払いのタイミングに気を付けよう

注文住宅が完成する前に、費用を全額支払ってはいけません。
これまで丁寧に接してくれた業者が、費用を全額支払ったことで急に対応が雑になったり、工事が疎かになったりするトラブルが実際に起こっています。
最初は一部だけ支払い、工事が完成して内覧をし、特に問題がないことがわかったら残りの費用を支払うように心がけましょう。

工事が終わる前に費用を前払いにするよう言われたら、その業者を怪しいと思ってください。
信頼性の高い業者に依頼するために、評判を調べても良いですね。
また前もって、どのくらの費用が掛かるのか見積もりを聞いておきましょう。
この時は工事の本体価格だけでなく、諸経費を含めた最終的な費用を聞いてください。


▲先頭へ戻る