憧れの新築一戸建てを選ぶときのポイントと手順

憧れの新築!どんな一戸建てが良いのか考えよう

注文住宅は土地を購入するところからスタート

良い土地を見つけよう

注文住宅を建てる際には、土地が必要です。
土地探しから建物を建設するのが一般的な流れで、費用が高くなると言われています。
安い素材を選び、シンプルな内装にすると費用を削減できるので、予算が少ない人でも注文住宅にできないかよく考えてみましょう。
予算を超えた場合は、本当に必要な機能なのか優先順位を考え直してください。
土地が決まったら、次は工事を任せる業者を選びます。

経験が豊富な業者だと、どのような注文住宅でも請け負ってくれるでしょう。
逆に経験が少ないと、複雑な工事はできないと言われます。
業者のホームページを見ると、これまでにどのくらいの工事を請け負ってきたのかわかりますし、掲載されている写真でどの程度の実力を持っているのかわかります。

意見をわかってくれる業者を見つけよう

例え実力を持っていても、こちらの意見をわかってくれない業者では意味がありません。
意見が通じないと話し合いに長い時間がかかりますし、イメージと異なっている一戸建てが完成する可能性があるので気を付けてください。
話し合いの時に、こちらの意見が通じているのか確かめましょう。

また住宅のデザインが決まらない時は、業者にアドバイスを求めてください。
相性が良い業者のスタッフならこちらの希望を聞き、さらに生活スタイルや家族構成を考慮して、どのような機能があれば生活が便利になるのか教えてくれます。
あまり相性が良くないスタッフではこちらの意見に関係なく、費用が高い機能をたくさん勧める傾向があるので、その場合はキャンセルしましょう。


▲先頭へ戻る