憧れの新築一戸建てを選ぶときのポイントと手順

憧れの新築!どんな一戸建てが良いのか考えよう

暮らしやすい一戸建てを選ぶポイント

住宅見学会に行こう

様々な業者が、住宅展示場を用意しています。
そこで実際に外装や内装を自分の目で見て、良いと思った一戸建てを購入してください。
このような一戸建てを、建売住宅と呼んでいます。
建売住宅の特徴はすでに住宅が完成していることで、契約してライフラインが整ったらすぐ入居できます。

数か月で入居でき、早く一戸建てを手に入れたい人に向いています。
一戸建てに対する条件が細かく決まっている人は、なかなか良い建売住宅を見つけられないかもしれません。
それでも妥協しないで、いろんな住宅展示場を訪れてください。
住宅そのものだけではなく、周囲の環境も調べることがポイントです。
駅やスーパーなどの、暮らしに便利な施設があるのか確かめましょう。

家族が増えても良いように考えよう

戸建てのすべてではありませんが、リフォームすることを前提に作られていない建売住宅が多いです。
将来子供が生まれたり、両親と同居することになったりして、部屋の数を増やしたいと思っても住宅の構造上難しいと言われるかもしれません。
その時に困らないよう、将来のことも予測しながら建売住宅を決めてください。
子供を産みたいなら子供部屋がある一戸建てや、子育てしやすい環境を選択しましょう。

将来は高齢の両親と同居すると決めている人は、バリアフリー機能がある建売住宅がおすすめです。
仮に将来リフォームすることができてもかなりの費用が発生し、経済的な負担を感じることになります。
最初からバリアフリー機能が搭載されている一戸建てを選んだ方が良いでしょう。


▲先頭へ戻る