憧れの新築一戸建てを選ぶときのポイントと手順

憧れの新築!どんな一戸建てが良いのか考えよう

暮らしやすい一戸建てを選ぶポイント

早く憧れの一戸建てで暮らしたいなら、建売住宅にするのがおすすめです。 注文住宅は時間が掛かり、1年近く待たなければいけません。 たくさんの建物を見学すると、希望に一致する一戸建てが見つかります。 今のことだけでなく、将来家族が増えても良いように条件を決めましょう。

注文住宅は土地を購入するところからスタート

完全に好みの内装や外装の一戸建てを求めているなら、注文住宅にしましょう。 注文住宅は土地から自分で購入し、そこで好きな一戸建てを建設するという流れになります。 こちらの意見を業者に伝え、理解してもらってください。 費用が高くなりやすいですが、削減するコツもあります。

実際に一戸建てを買う際の注意点

様々な手順を進めて、一戸建てを入手に入れることができます。 事前に流れを把握し、スムーズに契約を進められるよう準備をしてください。 また注文住宅を建設する際は、お金を支払うタイミングが重要です。 全額を先に支払うとトラブルが起こるので、気を付けましょう。

すでに完成している一戸建て

早く一戸建てを入手したいなら、建売住宅を選択してください。
建売住宅はすでに完成している住宅で、契約して電気やガスなどが通ればすぐに入居できます。
価格も注文住宅に比べると安いですが、希望に一致する住宅を見つけるのはなかなか難しいでしょう。
特に細かく条件が決まっている人は、たくさんの住宅展示場を見回って、良い一戸建てを選んでください。
リフォームに向かない一戸建ても多く、将来のことも見据えて決めなければいけません。

希望を満たすことを優先するなら、注文住宅がおすすめです。
こちらは土地を購入するところから始め、自分でデザインを決めてその通りの住宅を作ってもらう方法です。
外見や内装を自由に決め、生活を送る時に便利なシステムを搭載できる面もメリットですね。
注文できるぶん費用がかなり高くなるので、まとまった資金を用意しておきましょう。
また希望通りの一戸建てにするためには、こちらの意見をわかってくれる業者に工事を任せることがポイントです。

一戸建てを買う際は、購入したい土地や建物が決まったら申し込み証拠金を支払い、次に住宅ローンの審査を受けます。
無事に通過できれば書類に必要事項を記入し、物件の引き渡しという流れになります。
注文住宅を購入する際は、一戸建てが完成する前に費用を全額支払わないように気を付けてください。
最初に費用を全て支払うと、急に対応が悪くなったり、工事をダラダラと進めるので完成が遅れたりする危険性があります。

▲先頭へ戻る